ホーム>よくある質問

よくある質問

みなさまから寄せられたよくあるご質問

Q.年前、あるエステでレーザー脱毛を受けました。確か「永久脱毛」のはずだったのに、最近になって、少しずつ毛が生えてきました。永久脱毛ってどういうことですか?

A.
一昔前まで「永久脱毛」という言葉が氾濫していましたが、最近ではほとんど見かけなくなりました。
事故でひどい火傷を負って、真皮の部分までダメージを受けても、いずれ肌は再生し、毛が生えてきます。脱毛も同じこと。
どんなに強力なレーザーを使って毛根を高熱処理しても、またニードル脱毛のように針を使って毛根を焼いてもしまっても、再生してくる場合がほとんどです。
最近は、「永久脱毛」という言葉を使っているエステやクリニックはほとんどありませんが、どんな施術をしても「永久的に二度と一本も毛が生えてこない」と約束する脱毛はあり得ないというのが真実です。
ハイパースキン脱毛法も「永久脱毛」と言い切ることはしていませんが、発毛が極端に少なくなり、基本的に自己処理は不要になることは実証されています。
また当店では脱毛終了後、発毛があった場合は低料金で追加施術することが可能です。それが今できる、もっとも誠実な脱毛保証だと考えております。専門家から見ても、「永久保証」「無くなるまで」などの文言は安易すぎると考えます。

Q.己処理のしすぎで肌が黒ずんだり毛穴がボツボツして人前で見せるのが恥ずかしいのですが、こういうのもキレイになりますか?

A.
ハイパースキン脱毛法には脱毛効果以外のメリットが。肌がきれいになるスキンリニュアル効果も。
この方法のすぐれた点は、脱毛を続けていくうちに肌がきれいになっていくことです。
光が肌内部のコラーゲンの生成を助けることで、肌にハリがでて、自己処理で傷んでいた肌をリニューアル(再生)します。
実際にハイパースキン脱毛法をされている‭多くのお客様から、肌質がとても綺麗になったと大変喜ばれております。

Q.毛に通っている間、自己処理をしても大丈夫?

A.
なるべく脱毛中の自己処理はお控えください。たとえば、髪の毛でもカットをまめにするほうが早く毛が伸びるというお話を聞いたことはありますよね。
毛を剃ったり、抜いたりすることで、毛根の細胞が活性化して強く太くなった毛が再生しやすくなります。
しかし、どうしても生やしたままだと差し支える場合は、顔剃り用の電気シェーバー等でやさしくカットするようにして下さい。
ただハイパースキン脱毛法をスタートすると、今までより毛の伸びるスピードは遅くなり、自然と自己処理の必要も減ってきますので、ご安心ください。

Q.のエステで以前、ワキの脱毛の契約をしました。確かに安い料金でしたが、次回の予約がとれずに、1年で3回しかやってもらえなかったので、やめてしまいました。こちらでは予約はきちんととれますか?

A.
基本的に脱毛終了後、次回の予約をとるシステムですので、ご安心してください。
ご変更など生じました際には、予約制を優先としておりますためなるべく早めのご連絡をお願いいたします。

Q.のすごく毛深いので本当に毛がなくなるか心配です。どれくらい通えば毛はなくなりますか?

A.
従来の脱毛法(レーザー脱毛、光脱毛、ニードル・針脱毛)では2~3年ほど通うケースが多いようです。なかには、5年以上通い続けているというお声もあります。
ハイパースキン脱毛法ではまず1回の施術でほとんどの方が効果を実感されています。
そして3~6回ほどの施術で自己処理がほとんど不要になります。(ワキやデリケートゾーンはもう少しかかる場合が多いです)しかし、脱毛の効果には個人差がかなりあります。
また毛の生えている部位によっても効果の差があります。これが毛質、毛量が違えば効果の出方に違いが出るのは当然のことです。また従来の脱毛法をもちいた他サロンなど、ほとんどのお店が2ヶ月に1度の頻度で施術を行います。
これには理由があり、レーザーや光脱毛、ニードル脱毛は、毛が伸びている状態でしか施術ができないからです。
(レーザーや光脱毛は黒いものに反応させて毛根を焼きますので、黒いもの=毛が無いと反応しません。またニードル脱毛は毛穴に針を差し込んで毛根を電気処理していくのですが、これもまた毛が生えていないと毛穴の位置を見つけることができないため、生やしたままにしないといけないわけです。)
ハイパースキン脱毛法は3~4週間に一度の施術になります。
ですので、もちろん効果もスピーディーにあらわれます。
ハイパースキン脱毛法をすると最終的には自己処理要らずのツルツル素肌になっていきます。

1.どんどん毛が減っていく

2.毛質が細くなり目立たなくなっていく

3.毛の伸びるスピードが極端に遅くなっていく

これらの効果が目に見えて早い段階で実感できますので、自己処理からは開放される日はそう遠くありません。
ハイパースキン脱毛法が他の脱毛法に比べてお客様に喜ばれるのにはこういう効果があるからです。美容外科とエステで脱毛を受けたことがあります。どちらともあまりに痛みがひどく我慢できずに途中でやめてしまいました。
ハイパースキン脱毛法は本当に痛くないでしょうか?今までの脱毛は、光もレーザーも「高熱で毛根を焼く」場合がほとんどでした。
そのためにかなりの熱量が必要で、特に痛みに弱くなくても、我慢できなくなることも多くありました。ハイパースキン脱毛は、毛根を焼くのではなく、発毛因子(言い換えれば毛の種)に働きかけ、次の発毛を抑える脱毛法です。
だから高温の必要はなく、照射主観の肌の温度も38度以上にならず痛みも感じません。ただしまれにですが、毛の太い部分(ワキやデリケートゾーン)でちょっぴり刺激を感じる方もいらっしゃいます。

Q.毛は、どのような流れで行われるのですか?

A.
まず肌を洗浄します。そして脱毛する部分の毛が伸びている場合はやさしくカットします。(なるべく前日に顔剃り用の電気シェーバー等を使っておうちでカットしてきて下さい。)
そして専用ジェルを塗って、実際に脱毛ケア。痛みはありません(寝る方も多いくらいです)。終わったら、ジェルをふきとって終了です。
高熱を与えないので、特にクールダウンの必要はありません。ケア後すぐメイクすることも可能です。

Q.感肌の私は、すぐ赤くなったりするので、肌につけるものはすべて選んで使っています。敏感肌の人でも可能でしょうか?

A.
最終的にきれいな肌になっていただくことをモットーとしております。実際、脱毛の行程で肌に触れるものは、すべて無添加のものをを使い、肌の弱い方に配慮しています。
脱毛自体も高熱を使わないので、肌が弱い方でもまず大丈夫です。今まで肌質の問題で脱毛できないと判断した方はいらっしゃいません。
ただ現在、肌に病気をお持ちで「治療」されている方は、当店では判断できませんので、医師の許可をお願いしています。
またどうしても、ご不安な方はパッチテスト(無料)を行ってから施術いたしますのでご希望の方はお申し付けください。